Interview by Koichi "WATACO" Watanabe (CONTRAST/Cleave/TOMATO STEAL) / Photo by KAZUSHI MATSUMURA


「更新する未来、最高の新記憶」


音楽はいつもそこに、

--まず、最初から難しい質問をぶつけるんですけど、bachoは何のためにバンドをやっていますか?

北畑欽也(Vo/Gt) 何のため?……難しいな(笑)。考えたことなかったですね。何のため…?

--気持ちを伝えたいからとか、売れたいからとか、いろいろあると思うんですけど、意識的に持っているものは何かあったりしますか?

北畑 まあ、一番は自分のためです。とにかく、自分が嫌なことはやりたくないというのがまずあるから。あと、嫌なことをやってるわけじゃなくて、せっせと音楽やってる時間は常におもしろいですし。単純に楽しいことだし、やりがいもあるし、その自然の流れですね。「これやからこういうために頑張ろう」みたいなことを考えなくても、一番おもしろくてやりがいもあるように感じるから、自然と音楽やろうっていう流れになってますね。

--もう自分の中のライフワークとか、そういうものになっているような?

北畑 まあでも、完成されてるわけじゃないですけどね。ちゃんと生活も組み立てた上で、音楽をきっちりやってる感じではないですね。やっぱり音楽が中心になっていて、あとの生活は犠牲とは言わないまでも両立できてるかって言ったら、そんなことはない。とにかく今は、音楽を優先してやってる状態ですね。

--じゃあ、音楽は自分の中の最優先に来るものなんでしょうか?

北畑 そうですね。まあだから、自分のためにやってるけど心の拠りどころでもありますね。それがあるから、生きていけるっていうか。

--なるほど。ありがとうございます。

回想の日々のBGM

--では最初に、皆さんが音楽にいつから興味を持ったのか聞いていきたいと思います。北畑さんはどうですか?

北畑 僕は中学生ですかね。

--小さい頃でもテレビなどから入ってくる音楽はあったと思うんですけど、「音楽やりてえな」ってガツンときたきっかけは何だったんでしょう?

北畑 中学校の流れ的に、ギターとかにみんな興味持ちだして触りだすじゃないですか。その流れに巻き込まれたのもありますけど、バンドでプレイするとか「こういうのやりたいな」って強く思ったのはTHE BLUE HEARTSですかね。高校のときに、そういうのをずっと聴いてて。

--中学ではなく高校の頃がバンドのきっかけですか?

北畑 いや、中学でも音楽は聴いてましたね。ギターをちょこちょこ友達と触ったりもしてましたし。

--ギターについて周りが盛り上がってるから、自然と自分も興味を持ったという感じでしょうか?

北畑 そうですね、結構友達の影響が大きいですね。

--その頃に友達がやってた音楽って何でしょう?

北畑 それこそGLAYとか、LUNA SEAとかですね。いやー、LUNA SEAなんかはよくやってましたね。

--ちなみに、みなさんおいくつなんですか?

北畑 僕は31歳。もうすぐ32歳です。

高永和裕基(Dr) 僕は34歳ですね。

三浦義人(Gt) 僕は31歳。

伊藤知得(Ba) 僕は32歳で欽ちゃん(北畑)と同い年。

--じゃあ、高永さんだけ少し上なんですね。北畑さんと伊藤さんは一緒。

三浦 僕だけ1つ下です。

--なるほど。じゃあ僕は三浦さんとタメ。ああ、なるほど。わかりました。LUNA SEAが流行った感じもよくわかりました(笑)。

北畑 流行りましたよね(笑)。

--周りもそうだし、世間が盛り上がっていたってことですよね。ちなみに、最初にコピーした曲って何でしたか?

北畑 それこそ中学のとき、「ROSIER」とか。

--ということは、LUNA SEAより昔のTHE BLUE HEARTSを高校の頃に後から知ったんですね。

北畑 そうですね。そこからは流行りのノリですよ。高校になったら周りが…

--パンクとかにも傾倒しだして。

北畑 あ、でも、その前に路上ミュージシャンの“ゆず”とかが流行ってましたね。そういうのも聴いてたから、周りはLUNA SEAでエレキ弾いてたけど、僕はだんだんアコギを弾き始めて。そこまでは周りの影響があったんですけど、THE BLUE HEARTSを知って以降はちょっと音楽と接し方が変わりましたね。周りの流れで「あ、俺もそれやりたい」みたいな感じじゃなくなった。

--「これだ!」みたいな衝撃があった。

北畑 そうです。「こんなのあるんや!」っていうの。

--それは、THE BLUE HEARTSの歌詞にやられたんですか?

北畑 うーん…。まあ、音も含めて全部ですけど、強いて言えば、歌詞かもしれませんね。

--THE BLUE HEARTSの歌詞を聴いていて、その熱にやられたというか。

北畑 そうですね。それまで僕はJ-POPしか聴いてなかったわけですよ。ギター弾くにしても。でも、THE BLUE HEARTSの「捨て駒」っていう歌があるんですけど、それを誰かが歌ってるのを聴いて「なんやそれ!」ってなったんです。そこからいろいろ。

--それは、甲本ヒロト本人が歌っていたのを聴いたのではなく…

北畑 そう。好きな人が周りにいて、そいつが歌っているのを聴いたんです。「それ、誰の歌?」って聞いたら「THE BLUE HEARTS」って教えてくれて。そこからですね。

--なるほど。では、高永さんはいかがでしょう?

高永 最初はLUNA SEAですね。

--高永さんもそうなんですね。

高永 このインタビュー、“LUNA SEA推し”みたくなってますね。

一同 (笑)

高永 お兄ちゃんがBOOWYとかX JAPANとかが好きで、弟たちとバンドやろうぜみたいな流れになって、そこに誘われた感じです。

--では、誘われたバンドのドラムが空いてたからドラマーになったんですか?

高永 そうですね、完全にそのパターンです。

--ああ、なるほど。僕もドラマーなので、よくわかります(笑)。北畑さんの最初の衝撃はTHE BLUE HEARTSでしたが、高永さんにとってきっかけの音楽って何でしょう? バンドとか、曲とか…。

高永 変わった…。最初はSlayerですかね。

--お、メタルですか。

高永 先輩に「こんなのあるぞ」って聴かせてもらって。「なんじゃこら!」と思いましたね。「重た!」と思って。

北畑 でも、高永くんは色々聴く感じやもんな。「これや!」って一つだけ突き詰めるより、もっと柔らかい感じ。

高永 それはあるね。

--なるほど。「これ!」というより、音楽全体が好きというか。

北畑 ジャズのおっちゃんとやってたりするやん。

高永 うん。ジャズもそうだし、色々好きですね。

--なるほど。こだわって聴くというより、音楽全体。あ、どちらかというと「ドラムが好き」という感じでしょうか。

高永 うん、そうですね。

--じゃあ、次は三浦さん。どうでしょうか。

三浦 はい。僕もLUNA SEAとかにハマってましたけど、最初はラルク(L'Arc~en~Ciel)の「虹」っていう曲ですかね。

--30代による“青春時代にあの曲好きだった話”になってきましたね(笑)。

北畑 みんな好きやったから、仕方ないよな(笑)。

--それだけ影響が大きかったっていうことですよね。

北畑 勝手にそうなってまう(笑)。

三浦 とにかくギターのKenのプレイに衝撃受けましたね。それから中学2年生くらいの周りが楽器とか触り始める時期に、僕も「ギターでしょ!」みたいに思い立って。それがギターを始めるきっかけです。

--なるほど。そこから何かターニングポイントみたいなものはありますか?

三浦 まあ、ハイスタ(Hi-Standard)ですよね。

--やっぱり世代的にも、そうなりますよね。

三浦 ただ、僕はそこからずっとハイスタ一色でしたね。

--ちなみに、どのアルバムが最初ですか?

三浦 最初は『ANGRY FIST』で、曲は何聴いたかな…。あ、「SHY BOY」聴いたんですよ。それまで聴いてたLUNA SEAもそうだし、ラルクもそうですけど、アンプ直でズンズンいわすようなミュートを知らなかったんで、「何この音!? どうやって出すの?」ってなって。そのミュートのズンズンした音がハイスタに詰まってたから「なんなのこれ!?」って、ほんま電撃が走ったんですよ。そこからグングンとギターにのめり込んでいった感じですね。

--そこは案外、高永さんと似てるんですね。重い音にヤラれて。

三浦 そうですね。

--そこからパンクにのめり込んだんですか?

三浦 僕ね、そんなに音楽の幅が広いわけじゃなくて、好きなやつをずっと聴いてるタイプなんですよ。だから、そこからずっとハイスタ聴いてました。みんな色々と周辺の音楽に派生したりするじゃないですか。僕はあんまりしなくて。唯一、METALLICAには結構ハマったんです。METALLICAとハイスタ、高校3年間はそれしか聴いてないような感じでしたね。

--ジャンルというより、バンドとか、楽曲とかに熱中したんですね。

三浦 そうです。bachoに入る前もバンドをやっていたんですけど、20代前半までずっとハイスタばっかり聴いてましたね。他の音楽も聴いてはいたんですけど、常に変わらず聴いてるのはハイスタでした。

--じゃあ、もう、横山健さんは神様?

三浦 もちろん(笑)!

--(笑)。ありがとうございます。じゃあ、伊藤さんはどうでしょう?

伊藤 僕が中学校のときは、別にラルクもGLAYもハイスタも全然通らなかったですね。モーニング娘。ばっかり。ほんまJ-POPしか聴いてなかった。

--ええっ、そうだったんですね。

伊藤 で、高校で欽ちゃん(北畑)と一緒だったんです。寮生活だったんですけど、文化祭でTHE BLUE HEARTSやろうぜってなって初めて知ったんです。そこがスタートかわからないですけど、それから欽ちゃんとはずっと一緒にやっていて。

北畑 懐かしいね文化祭。むっちゃTHE BLUE HEARTSにハマってたなー。僕、ずっとそればっかりが好きやって。別に、知得(伊藤)はこだわりとかなさそうだった。

伊藤 確かに、あんまりなかったね。

北畑 「この曲とこの曲とこの曲やろうぜ!」って俺が言って、練習してたな。

--じゃあ、伊藤さんがベースを始めたきっかけがそれ。

伊藤 いや、そもそも僕、その文化祭はギター弾いてました。ギター弾いてて、欽ちゃんと同じ高校で同じ部活だったから、ゆずとかもやって。で、欽ちゃんが先にバンド組んだんですよ。それからまた僕に声がかかって、「ベースがおらへんから、ベースやれへん?」みたいな。僕は「ベースってなんなん? わからんけどやってみようかな」みたいな。

北畑 何でもやりそうやったからね(笑)。

伊藤 (笑)。そのときも音楽はそんなに詳しくなかったし。

北畑 人がいなかったし、「あいつやったら何でもやりそうやな」って(笑)。

伊藤 (笑)。

北畑 下手したらドラムやったかもしれん。「ドラム練習しといてな」って。

伊藤 全然知らなかったんですよ。だけど、唯一「あ、ほんまに音楽おもしろいな、こういうの好きやな」って思ったのが、欽ちゃんとFlying Izna Dropのケンタくん、ヨシアキくんの4人で心斎橋BIG CATで観たeastern youth。何のツアーやったか忘れましたけど、「世界は割れ響く耳鳴りのようだ」っていう曲を聴いて。そこから、めっちゃ音楽がおもしろいなって思いました。確か23歳だか、それくらい。

北畑 そんなんじゃないで。もっと若いで。

伊藤 20歳くらいか。そこまでは、あんまり「この音楽おもしろいな」って思わなかった。

北畑 つまり、僕の押し付けですね(笑)。それがハマるかハマらないか。

伊藤 ハマったんで良かったですけど。

青春の情熱

--北畑さんと伊藤さんのお二人は、高校で出会って一緒にやるようになったんですね。最初はどんな出会いだったんですか?

北畑 同じテニス部やって。結構テニスも真面目に練習してたんですけど、音楽はずっと好きで。まあ、最初は文化祭とかでちょこちょこやる感じやったけど、高校3年生になってから音楽の比率が高くなってきたんです。ギターとかもよく弾くようになって、その辺から自分で曲を作ってみたらおもしろいかなって感じになってきて。

--コピーというより、最初からオリジナルを。

北畑 いや、コピーもやってたんですけど、オリジナルも割と早くから作りましたね。自分の歌、自分のやりたい曲を演奏したくて。

--ああ、そうか、最初に一緒にやったときはTHE BLUE HEARTSのコピーだったんですもんね。

北畑 そうです。それが文化祭で、その後にライブハウスとかも出て。

伊藤 出た出た。

北畑 高校生のノリですけど、文化祭に出たからって、それで終わりになるのが悲しかったんです。今度ちゃんとライブしようって。ずっと世話になってた姫路MUSHROOMっていうハコがあったんですけど(2011年に閉店)、そこに初めて出たんです。それからライブハウスがおもしろいなって。

伊藤 うん。

--それが高校3年生。

北畑 かな。

--一番のめり込んだのはその時期だったということですね。

北畑 そうですね。生活の比率はそこからあんまり変わってないかもしれない。その辺りから結構音楽がメインになりました。そのMUSHROOMに、例えばジャパコアの先輩とか、いろんな人たちが溜まってたので、「こんなのもあんねんな」みたいになっていきました。

--なるほど。

北畑 自分ではハードコアとかパンクとか探してなかったし、そこまで興味を持ってなかったから、実際に人と会ったら「うわっ!」って。鋲ジャン着た人とかめっちゃ来るんですよ。「怖いな」とか思いながらも、おもしろそうやなって感じて。

--そういう場で出会っていくなかで、人の話を聞いたりとか「こういうのがあるんだよ」「こういうのもおもしろいね」って話しながら広がっていったんですね。

北畑 そうですね。

--なるほど。では、そのときは北畑さんと伊藤さんのお二人がバンドになっていて、後から他のお二方が。

北畑 初めは僕がギターを弾いて、知得がベースを弾いて、ボーカルが別にいたんですよ。4人でやってた。それから途中で、ボーカルが辞めるって言い出して。で、僕はギターを弾いてる頃から歌うの好きやったんで、ボーカルに。

--高校でアコギ弾いてた頃は歌ってたんですか?

北畑 そうですね。基本的にめっちゃ歌うのが好きだし、めっちゃ歌いたい気持ちがったんですけど、そのときのボーカルがすごく良くて、「こいつには勝てんかもしれん」と思って。キャラクターもあったし。

--ボーカリストとしての素質があったんですね。

北畑 そうそう。だから、バンドをやり出したときも、曲は自分で作って「これはこういう感じで歌おうよ」って話して、詰めながらやってたんです。でも、そいつが辞めるってなったら、自然に、「それなら俺がやる」って。「歌いたいし、歌います」って。

--そこは結構自然な流れで。

北畑 辞めるって言われたときはどうしようって思ったんですけどね。でも、僕はかなり歌うのが好きだったから。むしろ、ギターよりも歌うほうがずっと好きだった。多分、そいつがボーカルじゃなかったら、絶対最初から自分で歌ってたんじゃないかな。唯一、そいつならいいなと思ってて。

--自分も信頼できるし、ボーカルとしてもいいなと。そのときのメンバーでは3年くらいやってたんですか?

北畑 そうですね。3年くらいかな。

--北畑さんが歌い始めてから、先に入られたのはどなたですか?

北畑 三浦ですね。

--そのきっかけは何だったんでしょう?

北畑 ずっと3人でやってたけど、もう1本ギター入れてもいいかなーなんて思ったんですよね。僕、ギターは好きなんですけど、苦手というか、ギターを上手く弾ける人にすごく憧れてて。自分がもうちょっと上手いこと弾けないのか、みたいな“ギター弾けないコンプレックス”があったりするんです。まあ、弾きながら歌うのはめちゃくちゃ好きなんですけど、ギターのアレンジをもうちょっとおもしろい感じにするなら、もう1本誰かに弾いてもらってもいいかなってうっすら思い始めて。そんな話をしてた。

伊藤 してたね。

北畑 ただ、そのときはもっと頭が固くて、バンドは3人が一番カッコいい、最小限でやるのが一番カッコいいって思ってて。今やったら全然思わないし、どっちでもいいと思うんですけど、その頃は頭が凝り固まってたんですね。音楽も「これが好きじゃないと友達にはならん」みたいな(笑)。

--(笑)。それって、例えばどんなバンドでしょう?

北畑 さっき知得が言ってたeastern youthも影響受けたけど、MOGA THE \5を聴いたときが第2の衝撃だったんですよね。THE BLUE HEARTSの後の。

--eastern youthよりもMOGAのほうが強かったですか。

北畑 そうですね。僕の中では結構大きかった。THE BLUE HEARTSは普通に売れてるし、ちゃんとしたミュージシャンというか、音楽で食ってる人たちじゃないですか。

--そうですね。

北畑 eastern youthもそれに近いというか。テレビには出ないけど、ミュージシャンな感じ。でも、MOGAはちょっと違って。こう、なんて言うのかな、むちゃくちゃカッコ良いのに、割と身近というか。

--例えば、THE BLUE HEARTSもeastern youthも、やりたいことをやっているとは思うんですけど、多少ポップにするという考えもあるんじゃないかと思うんですよ。ミュージシャンであり、それで食ってる方々だから。確かにMOGAは、もう少し突き詰めてるというか、やりたい音楽をそのまま出してるような印象がありましたよね。

北畑 そうですね。町の普通の兄ちゃんたちが集まってたというか。

--ロックスターとはまた少し違う感じ。

北畑 そう。まあ、ご本人たちがどう思ってたかわからないですけど、ロックスターを目指すというより、自分たちの下地がちゃんとあって、いろんな町で積み重ねながらやってる感じが、めっちゃカッコよくて。そんなスタンスでも自分の町だけじゃなくて、色んな人たちに聴かせたりできるような活動ができるというのが衝撃だった。

--ああ、楽曲だけじゃなく、スタンスにも。

北畑 うん、「こういう感じで音楽ってやれるんだ」って知ったんですね。多分、昔からパンクとかハードコアの人たちはそういう感じでやってきていたと思うんですけど、僕らはそういう感じじゃなかったんですよ。もっと「音楽で売れてやろう」みたいな感覚だった。

--それこそ、「音楽で飯食うぞ!」みたいな。

北畑 そうそう。若い頃は、もっとスターダムに登っていくための音楽やと思ってたから。MOGAの影響で、ほんとに変わりましたね。

--上ばっかり目指していくのとは、音楽を続ける意味ではちょっと違う感覚というか。

北畑 もちろん、上を目指してはいるんでしょうけど、いろんなやり方があるなっていう。

--なるほど。

北畑 結構そこから幅が広がりましたね。MOGAの周りのバンドとか見ても、いろんなシーンと交わって、いっぱいやってるじゃないですか。僕らは地元のライブハウスしか知らなかったから「大阪のアメ村に行ったらこんな人がやってるんやな」って思った。

--MOGAの衝撃があって、固定概念が崩れたんですね。それがギターの加入にも繋がってくるんですか?

北畑 いや、ここまではとにかく3ピースが好きだったんですよ。MOGAもeastern youthも3人だし。あと、theピーズとかもすごく好きで、それも3人。たまたま好きなバンドに3ピースが多かったから、自分たちもそうじゃないとって思ってた。余計なものはいらない、みたいな。

--最低限で。

北畑 そう。それが一番カッコいいんじゃないかなって思ってたんです。ただ、バンドをやっていくなかで意識も変わっていって、ギターを1人入れてもいいかなって悩んでたときに、僕が腕を骨折してしまって。ギプスをはめないといけなかったんです。でも、ライブが決まってた。それで「ギター弾けへんしな……」ってなって。そのちょっと前くらいに、三浦からbachoでギターを弾きたいって話を何回かされてたんですよ。当時、三浦が自分のバンドが解散した後だったから、bachoでギターを弾きたいって。だけど、三浦は前のバンドのとき、ベースを弾いてたんです。

--そうなんですか!

北畑 だから、ギターを弾いてるところを見たことがなかった。

--「え、マジで? お前がギター?」みたいな(笑)。

北畑 そう。「うそ? ギター弾けるん?」みたいな(笑)。そういう迷いもあったんです。でも、骨折したときに、ちょっと「1回やってみる?」って(笑)。

--ちなみに、三浦さんが前にやってたバンドって、どんなバンドだったんですか?

三浦 いや……もう、ハイスタの延長みたいな(笑)。ハイスタのコピーバンドみたいな(笑)。高校の同級生で組んでました。

--三浦さんはそれまでずっとベースで。

三浦 そうですね。

--最初はギターで始まったのに、バンドはベースだったんですね。

三浦 そうなんです。みんなと一緒で、文化祭でバンドやろうぜってなったんですけど、ジャンケンしてギターが取られて、ベースしかなくて。まあ、ギターが弾けるならベースも弾けるだろうって感覚で始めて。で、文化祭だけで終わるのが嫌だからこのままバンドしようぜって(笑)。結局、ベースしか残らなかったから、ベースをやってた。

--伊藤さんと逆なんですね。伊藤さんはギターで始まってベースになり。三浦さんはベースで始まってギターになり。

三浦 確かに、そう言われてみれば(笑)。

北畑 それで、試しに1回やってから、あと2本くらいライブが決まっていたので、次もやってもらって。

--じゃあ、最初にやってもらったときの感覚が結構良かったんですね。

北畑 いや、覚えてないな(笑)。

伊藤 というか、機材を買ってきよったんですわ。それで、「もうコイツ、やる気やな」って(笑)。

--(笑)

伊藤 キャビとヘッドをもう買ったって言って、2回目か3回目くらいに一緒にやるときに持ってきて。嫌だったとか良かったとか、別に僕もあんまり覚えてないですけど、欽ちゃんが弾けないから、もうやるしかないなって(笑)。それに、機材ももう買ってるし。

北畑 で、僕の骨折が治ってからスタジオ入ろうってときに、もうちょっとやるかみたいな。その、「もうちょっとやるか」の続きや。

高永 まだお試し(笑)。

北畑 そのあとどうなるかなんて話、してなかったな。

全員 ないね。ないな。

--まあ、そのあとは自然のなり行きで続いてきた、と。

北畑 だから、まだ試してるんですよ(笑)。

三浦 長いな! もう8年くらい試されてる(笑)。

北畑 でも、ほんまにその流れですよ。じゃあ、もうちょっとやろうか、みたいな。

--まあでも、機材を買うっていうことは大きいことですもんよね。高い買い物ですから。

伊藤 うん、よく覚えてますもん。いきなり買ってきたから。

--さらには、人柄も合うし、というところで三浦さんが加入されたんですね。その頃はオリジナルのドラマーさんがいたんですか?

北畑 実は、ドラムは何人も代わってたんですよ。

--そうなんですね。

北畑 ただ、その頃は結構長く続いてるドラマーがいたんです。でも、そいつが辞めるって言い出して。

--なるほど。辞めるきっかけって、年齢的に大学卒業みたいな感じですか?

北畑 そういうのもあるんですけど、そのときは確か、バンドがなかなかうまく進まなかったからですね。「新しいデモを録る」と言いながら、なかなかできない。やるやる、やるから、って言って頑張ってたけど、そのときのドラムは年下の若いヤツで「もういい加減に辞めますわ」みたいな。

--「もうそろそろ付き合ってらんないっすわ」みたいな?

伊藤 まあ、3ピースの頃からその子はずっと叩いてくれていましたからね。

北畑 そうそう。でも、そんな感じで辞めちゃった。

--では、高永さんに出会ったきっかけというのは?

高永 出会ったのは、大学から帰ってきてMUSHROOMで働き始めたタイミングやね。

北畑 僕も働いてて。

高永 だから、bachoは知ってたんですよ。

北畑 MUSHROOMで新しいスタッフが働いてるらしい。そして、その高永くんはドラム叩けるらしいって聞いたんですよ。それで、「ドラムがいなくなるので、やってもらえませんか」ってお願いして。この先ずっとはわからないけど、とりあえず1回やってみたら、次もやってくれることになって。これも特にその後に正式な話もなく。

--じゃあ、高永さんも未だにお試し(笑)?

北畑 いやいや(笑)。お試しじゃない。ドラムは供給が少ないのに需要が多くて、あんまり選べなかった(笑)。

全員 (笑)

高永 何ですか、良くも悪くもコイツで、みたいな感じ(笑)。

北畑 うそうそ。その頃は、ドラムをがっつり叩ける人が少なかったんです。みんな別にバンドをやってたりしてて、他の人にも1、2本ライブを頼んだりはしてて。でも、そういう感じだと毎回色んな人と別々に練習しなきゃいけないし、新しい曲も作れないし。なので、ちゃんとメインでやってくれる人がいないかなと思ってて。

--もちろん、テクニックもそれなりにある人で。

北畑 そうですね。それで、うってつけの感じだった。

--三浦さんが加入されてから、高永さんが入られるまで、スパンは結構近いですよね?

北畑 1年くらいかな。

--その1年くらいは、バンドの中では激動の時期だったと。

北畑 まあ、そんなに激動だったとは思ってないですけどね。ドラムがいないときはその前も結構あったので。ドラムがいないことに関しては、「さて、次は誰に頼もうか」みたいな時期があった。ずっと探してはいたんですけど、なかなかいなくて。

--パーマネントに、ずっと付き合える人は初めてですか?

北畑 その前のドラムは結構いけるかなと思ったんですけど、気持ちのすれ違いもあったから。高永くんが入ってからは、高永くんが一番長いね。

--なるほど。

北畑 今は。

--今は(笑)。

北畑 “今は”一番長い(笑)。

高永 更新してます!

--正式ドラマーの最高新記録ですか(笑)。では、結成当初からメンバーも変わって、音楽的な変遷はありますか? 音楽性の変化というか。

北畑 それはすごくありますよ。結構影響されやすいんで、「こういうのがカッコいいな」と思ったら、すぐ変えてた。でも、自分が歌いだしてからは、あんまり変わってないですかね。ただ、3人になってすぐの頃は割と小難しい感じではありました。eastern youthとかがすごく好きだったから、自分の中の日本語で文学的に言いたい、それに日本語しか絶対使いたくない、みたいな。もう、完全に凝り固まってたのもあって。カタカナもあんまり使いたくないかなって感じ。

--じゃあ、カタい歌詞の印象だったんですね。

北畑 それくらいがカッコいいかなって思ってたんですけど、だんだん柔らかくなっていきましたね。

--それからは、メンバーが変わっても音楽性の根底は変わらず。

北畑 そうですね。そんな変わらないかな。

伊藤 変わってないと思いますね。

北畑 あとは、今に近づくにつれて、bachoを好きな人が増えてくれたりしたから、そういうので、気持ちも歌う内容もだいぶ変わった。そういう影響はあると思いますよ。

--自分の内面がちょっと変わったと。

北畑 そうです。それがあって、歌詞の内容をもうちょっとわかりやすくしたいな、とか。みんなが同じように思えたらいいなとか。昔は言ってしまえばお客さんもいなかったし、カタい歌詞のままでも、そういうことをあんまり考えなかったですけど。みんなで一緒に、お客さんも一緒に、ライブで気持ちをやり取りするのって、すごく感動するなと思って。自分の気持ちがそうなっているので、そのまま歌詞も変化した感じ。

--曲調としては変わっていないですか?

北畑 そうですね。そこまで変わっていない。

--なるほど。北畑さんが歌う前、ボーカルさんがいた頃は音楽性も結構違ったんですか?

北畑 違いましたよ。多分、同じバンドだとはわからないんじゃないかな。

--ちなみに、その頃の曲調はどんな感じだったんでしょう?

北畑 えっとね、曲調というか、もっと、脱いだりしてました。

伊藤 ギャグっぽい感じ。

--そうなんですか!

北畑 もっと笑かしていこう、みたいな。

--ああ、じゃあ今とは全然違うんですね。

北畑 その頃の曲も僕が作ってたんですよ。でも、ボーカルが辞めたときに「俺は恥ずかしいからこんな曲は嫌や」って(笑)。あいつが歌うんやったらやりたかったけど、自分が歌うんやったらちょっとちゃう感じやな、って(笑)。で、急に音楽性を変えたの。

--ボーカルさんがいた頃から、バンド名はbachoだったんですか?

北畑 もう、ずっとbachoです。

--bachoの名前の由来を教えてもらえますか?

北畑 『三国志』のマンガを読んでて“馬超”にしたんです。18、19歳くらいでライブハウスに出るときに「バンド名を決めて」って言われて、とりあえず『三国志』からとっとこうってなって。

--そうなんですね。昔は漢字で、ある時期を境にアルファベット表記に変わりましたが、アルファベットに変えた理由はあるんでしょうか?

北畑 漢字だと、『三国志』すぎるかなと思って。

--単純に見た目というか。

北畑 そうですね。歌ってる内容に『三国志』は関係ないし、名前を拝借しただけなんです。

伊藤 あと、ホームページに1通、「なめとんか」って来たんですよね(笑)。

北畑 『三国志』が好きな人からね。すごく『三国志』が好きな人っているじゃないですか。僕も好きなんですけど、そういうところで張り合う感じではなかったから、アルファベットにしたらちょっと『三国志』から離れられるし、いいかなって。

--bachoという名前に、こだわりはあったんですか?

北畑 ないですね。最初に名前を借りたときも、とりあえず程度で、思いつけばすぐに変えようって思ってたんですけどね。ずっとつけてたし、変えるタイミングもなく。

--愛着も湧いて。

北畑 そうですね。変に意味を考えなかったから、長く使えるというか。

--ああ、記号的なものだから内面が変わっても影響を受けない、と。

北畑 うん。あんまり意味がないから。

この歌好きだと言って

--このメンバーになったのが2007年で、cosmicnoteからデモを出すのが2009年ですが、cosmicnoteの宇宙さんと出会ったきっかけというのは?

北畑 当時、ENDZWECKと2回対バンしたんですよ。1回目に姫路で一緒にやったとき、宇宙さんが僕らのことを気に入ってくれたんですけど、デモをリリースするつもりって話をちょろっとして。そこで宇宙さんが初めてbachoを知ったんじゃないかな。その後、神戸でまたENDZWECKとやったんですけど、ちょうど僕らはデモを完成させてて。このデモが、後にリリースする『求』ってアルバムなんですけど、自分たちでプレスして売ろうかっていう直前の時期だった。

--ああ、もうそこまで来てたときだったんですね。

北畑 そうです。マスタリングも終わって、パッケージができたらライブで売ろうかなってとき。その話をしてたら、宇宙さんが「手伝わせて欲しい」って言ってくれて。

--素敵なタイミングですね。

北畑 「マジすか?」みたいな。僕らはそんなノウハウを全然知らないし、できたものをただライブの会場で売ろうって話してただけだったから。cosmicnoteは界隈で知られてたし、リリースしてもらえるなんて、是非お願いします!って。

--僕、よく覚えてますよ。宇宙さんが最初にbachoと姫路で会ったときだと思いますけど、当時、僕のバンドtomato stealのリリース準備をしてたら、「コーイチ、ちょっとこれ聴いてみてよ!」って聴かせてくれて。聴かせてもらって「超ヤバい!」って話をしてたのは、忘れられません。宇宙さんって、海外でも日本でも、あまり知られてないバンドを発掘してきて、本当にいいといろんな人に言いたがるじゃないですか。そのときも、「ああ、すっごい言いたがってる…」って思って。だからマジで好きになったんだなと(笑)。

北畑 嬉しいですね(笑)。

--ちなみに、その頃ENDZWECKの他にはどんなバンドと一緒にやってたんですか?

北畑 その頃は、歌モノのバンドのほうが多かったかな。

--今よく一緒にやってるバンドとは少し違った。

北畑 そうですね。まあでも、エンズ(ENDZWECK)とかハードコアのバンドとやる機会もちょっと増えてきたかなっていう感じですね。

--ハードコア・バンドとやるようになったきっかけは何だったんでしょう? ライブハウスのブッキングですか?

北畑 きっかけ……。最初はブッキングだったかも。ただ、ずっと昔から、どこでもどんなイベントでもやれるバンドになりたかったんです。こういうところはやりづらいな、とかは言いたくなかった。例えば、その頃は全然ハードコアなんて聴いてなかったけど、めちゃくちゃハードコアの4バンドの中で出順が真ん中でも「俺たちはやれる」って思ってたんです。根拠のない自信ですけど、そういうどこでもやれるのが絶対いいっていう想いが昔からあって。逆に歌モノのバンドと一緒でも、全然いいし。どこでだって俺たちはやれるっていう意識を持っていきたかったんですよね。だから、割と自分からハードコアのライブにも出たいって言うようになって。

--ちなみに、姫路で最初に対バンしたときは、ENDZWECKのことを知っていたんですか?

北畑 知ってましたよ。ハードコアが好きな先輩とかから「ENDZWECKはカッコいい」って姫路のバンド界隈でも話題になってた。

--姫路のシーンってどんな感じなんでしょう?

北畑 まあ、田舎なので雑多ですよ。パンクな人もいるけど、全然違う人も多い。そんなに大きな街じゃないので、割とみんな一緒に…

--和気藹々という感じですか?

北畑 んー、和気藹々というほどでもないけど、別に分かれてやるほど人もいないんで。ずっと地元でやってると、いつか一緒になるときがあるし。「自分の感覚でおもろかったらええやん」みたいな感じでいろんな人とやれたのは、良かったと思いますね。

--姫路の位置って、神戸と岡山にちょうど挟まれているじゃないですか。近いところの大きい都市はその2つだと思うんですが、そこからの影響はありますか?

北畑 神戸はありますね。割と近いし、しょっちゅうライブも出てたんですよ。月に何本も。神戸にわざわざ行くという感じではなくて、レギュラー的にやってた。神戸にはBLUEPORTってライブハウスがあるんですけど、そこでかなりライブをやって、いろんなバンドと対バンしましたね。ENDZWECKと2回目にやったのもBLUEPORTだし。

--関西のシーンって、大阪と神戸では結構違うものですか?

北畑 うーん、どうなんやろ。一緒じゃないけど、近いっちゃ近い……距離的にもそうですし。

--感覚的ですけど、例えば、関東のシーンだと東京と横浜は近いけど、ちょっと違うというか。それと似てるのかなって思ってました。

北畑 ああ、そういう意味では違いはありますね。神戸のバンドは別に「大阪のバンドや」とは言わへんし。でも、だからといって大阪がどうとかでもないし。

--まあ、ちょっと独立したところがある。

北畑 そうですね。神戸は神戸でありますね。

--姫路は姫路で独立してる部分ってあるんですか?

北畑 ありますよ。ただ、姫路は独立しててもシーンが小さい。だから、ずっとやってる人がいても時間を持て余してしまうというか。姫路でもっとライブしたくても、月に5本やったらメンツ的にも面白くなくなってくるだろうし。だから、神戸とか大阪でやろうってなる。

--岡山には目が向かないんですか?

北畑 岡山……も行ってましたけど、やっぱり感覚がちょっと違う。岡山のほうが遠出する感じになる。

伊藤 岡山に行くんやったら、神戸とか大阪のほうが行きたいなって。

北畑 岡山ディスり(笑)?

伊藤 いや、そんなんじゃないけど(笑)。

北畑 まあ、あんまり行く機会はなかったですね。岡山に行かなかったわけじゃないけど、やっぱり神戸は普段からよく行くし。

--ああ、なるほど。神戸はバンドじゃなくてプライベートでも行くような場所だから。それは大きいですよね。

伊藤 そう、ホームみたいなもんです。

例えば僕のこの歌

--では、bachoの曲作りの話を聞いていきたいんですが、曲作りは基本的にどうやって進めてるんですか?

北畑 進めるのはだいたいスタジオですね。みんなが揃ったとき。「こういうのがええかな」ってパーツを先に僕が頭の中で作っていて、吹き込んだりしたのを「こういう感じでやってみて」ってみんなに伝える。で、次はこういう感じにしてみたら、みたいな。

--なるほど。じゃあ、基本は北畑さんがリードしていくんですね。

北畑 はい。

--歌詞とかメロディから入る場合もあるんですか? それともリフとか?

北畑 基本はリフとかからですね。歌詞は別でテーマを書き溜めてるんです。内容が全部できてるわけじゃなくて、「こういう歌詞を1曲書きたい」とか「これについて1曲やろうかな」って感じで。それと曲は別に初めからリンクしてるわけじゃないんで。曲ができてから、「あ、前に考えてたこの歌詞にしよう」って最後に決めていく感じです。

--自分が曲から受けた印象に対して、この歌詞が合うかなって判断するんですね。

北畑 そうですね、やっぱり演奏がおもしろくないと。別に僕たち、変わったことは全然できないですけど、曲を弾いてるだけでもおもしろくないと、歌が入っただけじゃ良くならないと思うから、だから、ほとんど歌わないです。

--作るときは曲のことだけ。じゃあ、他のメンバーさんはメロディも知らずに。

北畑 はい。みんな、どんな歌になるか知らない。

三浦 そうですね、知らないですね。

--「ラララ」もなく、進めていくんですか?

北畑 ほとんどないですね。たまにパッと思いついたときは自分が覚えておくために歌うことはあるけど、ほとんどは演奏が完成してから最後に歌を乗せてく。結構、演奏をそんなに重視してないような印象を受けるかもしれないけど、割と自分としては大事に思ってます。

--歌詞よりも演奏のほうを意識している?

北畑 同じくらいですね。まず演奏が気持ち良くなるように、いろんなパターンをこうしてああして、って時間をかけてやってるんで。それがちゃんとできたら、歌は自然と出てくるんですよね。いい感じで。

--なるほど。まずは演奏が土台というか、歌が乗る下地が自分の中で納得いかないと。

北畑 そうですね。

--ちなみに、どのくらいのペースで1曲作るんでしょう? 結構波があるんでしょうか?

北畑 めっちゃありますよ。何もなかったらめっちゃ遅い。とにかく時間がかかるんですよ。家で1人で全部録音して「こんな曲です」ってやり方があんまりできないので、みんながスタジオに集まったときじゃないと進まない。家でちょっとやったとしても、途中までにして次のスタジオでやろう、みたいな。みんなで試してみないとわからんな、って考えちゃって。

--それで言うと、リリースするときは締め切りを決めちゃうんですか?

北畑 決めちゃうときもありますね。そうなったらエンジンがかかってくるっていうのもありますけど、それはそれで間に合わないパターンがどうしても…(笑)。

--(笑)

北畑 でも、かなりペースが上がります。

--まあ、時と場合によりってことでしょうか。ケツを決めるときもあるけど、それに絶対に合わせなきゃっていうよりは曲のクオリティを上げることを意識するような。

北畑 いや、「締め切りには絶対に合わせなきゃ」でやるんですけど…

--納得できなかったら、それはそれで…?

北畑 まあ、それは自分の甘えですね(笑)。やるって言ったなら、やれって話なんですよ。だから、別にしゃあないやんとかじゃなくて、自分が足りひんなって思います。しかも、自分で「いつまでにやる」って言ったんやったら、やらなあかんし、言い訳もできない。これは課題ですね。

--先ほど歌詞のテーマを書き溜めていると仰ってましたが、歌詞を仕上げるときは、そのテーマに沿って一人で机に向かって書いているんでしょうか?

北畑 そうですね。黙々とやってますよ。

--曲が出来上がった後で、歌詞を変えることはありますか? ライブをやっていく中で、など。

北畑 ああ、全然ありますよ。めっちゃ変えてると思います。でも、自分が他のバンドを観てるときもそうやけど、結構覚えてる歌だと歌詞を変えられるのって嫌やったりするじゃないですか。

--それはありますね。

北畑 「あれ、メロディとか変えるなよ! 俺、気持ちよく歌いたかったのに!」って(笑)。自分がお客さんのときにそう思ったりするから、ちゃんと歌ってる時期もあります。「あんまりノリで変えんとこうかな」みたいな。きっちり初めに決めた歌詞どおり歌おうっていうときと、ライブ中のテンションで変えちゃうときのどっちもありますね。

--なるほど。北畑さんの歌詞は内面的な部分がそのまま出ているものだと思うんですが、歌詞が書き上がるペースや内容が、自分の置かれてる状況やそのとき思っていることとリンクしているんでしょうか?

北畑 リンクしますね。でも、嫌なことがあるときとか、悲しいときのほうがいいものができるんじゃないかな。

--でも、bachoの歌詞ってネガティブ一辺倒じゃないですよね。そこは意識しているんですか?

北畑 意識しているというか、普通にそれが自分の気持ちですね。ひとことで言ったら変な感じですけど、「いつか見とけよ」っていう感じですよ。例えば、嫌なことも悲しいことも、いろいろある。女の子にフラれたとか。そういう自分の嫌なこととか、上手くいかないことで落ち込んだりするときに、「見とけよ」、「やったるからな」って思うじゃないですか。

--鬱憤というか。

北畑 そうですね。そういう気持ちはやっぱり根底にある。だから、歌詞の書きはじめは感傷的に入っても、最後は「クソ!」みたいな感じのほうが自然と多くなりますね。そのほうが自分も歌ってて盛り上がってくるし。

--歌詞を書いてるときに、自分の気持ちが整理されるみたいなこともあるんですか?

北畑 ありますけど、自分がやってることは整理する必要もないくらいシンプルなんですよ。「なんで俺できへんねん、クソッ! やるぞ!」っていうことだけ。

--自分に対して発破かけるような。

北畑 そう、自分に対して「お前いい加減やれよ」って。自分にできへんことばっかりだから。『求』以降に作った曲なんかは、何かについて書こうっていうよりは、どういう側面から自分の鬱憤を言うかみたいな、言い換えのようなものでもありますね。

--確かに、bachoの曲は自分に対する「お前ダメじゃん」みたいなことが、どこを切っても出てきますもんね。そこはご自身が一貫して思ってるんですね。

北畑 はい。

--なるほど。ちなみに、内面をそのまま表現していることについて、照れとかはあったりしないんでしょうか?

北畑 いや、ないですねー。

--昔はありました?

北畑 ないですね。うん。ない。

--自分の気持ちを不特定多数に伝えることにずっと興味があったし、やりたいことだったんですか?

北畑 いや、そうすることで、自分がライブで歌ってる最中に曲に対して盛り上がれるというか。

--自分のケツを叩けるというか。

北畑 そうですね。普通に熱くなれる。別に「熱くいこうぜ!」とかじゃなくて、勝手に熱くなってしまうような歌詞になるように書いていますね。

--他のお三方は、曲ができて歌詞が乗ったのを聴いたときにどう思うんでしょう? 「あ、こういう風な歌詞書いてくるんだ!」みたいな客観的な感動になるのか、歌ってる北畑さんと自分の主観もリンクして盛り上がってくるのか。

伊藤 歌詞を知るのは、ほんまに最後の最後ですからね。演奏しながらも歌詞を聴いてすげえなって感動するし、もちろん自分にもリンクして上がるし、両方ともありますよ。

北畑 別にメンバーには歌詞カードも渡さないですからね。完成しても。

三浦 ライブでやってるのを断片的に聞き取って、「ここをこうやって歌っとんのや」っていう。ほんまにリリースされるタイミングで、歌詞カードに文字が起こされて、そこで初めてハッキリ見るようなレベルですね。

伊藤 だから、お客さんとあんまり変わらないです。演奏はしてるけど。

高永 そうそう。

--あまり、ダメ出しとかはしないんですか?

三浦 歌詞に関しては、一切ないですね。

--お任せというか、北畑さんへの信頼というか。

伊藤 まあ、それで僕らは評価されてきましたからね。今から何か入れたろうとか、このほうがええんちゃう? とか、そういうのはまったくないですね。

--歌のメロディに関しても、あまり口出しはしない?

伊藤 聞かれればどっちがいいとかで選択はしますけど、その他に関しては、まあ、ほぼないです。

北畑 まず、僕の性格的にメンバーに聞けないです。

伊藤 僕らに嫌って言われるのも、きっと嫌なんでしょうね(笑)。

北畑 「どっちがいい?」って聞いて、「こっち!」って言われても、選ばないし(笑)。

伊藤 じゃあ「何で聞いてん!」とか思うんですけど(笑)。

高永 最初から決まってるんですよ。試しに聞いてくる、みたいな。

--女の子の服選びみたいですね(笑)。

一同 (笑)

北畑 僕としては、そういうのができるからいいんですよ。みんなが作りやすいようにしてくれるから。安心感とか、心地よさがある。

--bachoの強みである北畑さんの歌詞やメロディ、歌い方を皆さんが理解しているんですね。では、収録楽曲の解説をお願いできますか?

北畑 軽くにしときましょうか。聴いてくれる人が、僕の状況にぴったり重ねないと聴けないのは嫌だし、自由な解釈で聴いて欲しいから。

死ぬまで走れ、死ぬまで歌え

--わかりました。ではまず、1曲目「さよなら」の解説をお願いできますか?

北畑 「さよなら」にある、“さよならだけが人生だ”っていうのは引用なんですよ。中国の漢詩に、そういうのがあって。それを井伏鱒二が和訳して、自分なりの意訳として書いた詩があるんですが、最後の説が“さよならだけが人生だ”。友達が遠くに離れていくときに乾杯しようぜ、みたいな詩なんです。それにすごく感動して。“さよなら”って結構悲しいけど、その詩ではポジティブでもある。悲しいさよならだってもちろんあるんですけど、別れていったり、離れていったりすることがあるからこそ、日常が色々おもしろくなるんじゃないかな。別れも何もなく今の日常がそのまま続くなら、感動もなくなると思うんですよ。最大のさよならは死ぬことやし、だから“さよならだけが人生だ”って言葉は極論でも、共感するところがあったんです。それを1曲目にしようかなって。

--そうだったんですね。曲の中では、百人一首の引用もありますよね。その辺のアイデアはどうやって出てきたんですか?

北畑 結構、昔の方々のそういうのが好きなんですよ。前作『レコンキスタ』の中に入ってる「懐古のススメ」も、“いろはにほへと”とか入れてるし。百人一首も覚えてたりして。今回も入れてやろうなんて思ってなかったですけど、曲を作ってるときに短歌のリズムがパッと出てきて、気持ち良かったんです。それで、僕は引用が好きなんで、百人一首から詠みたいなって。初めの短歌“契りおきし~”は、前から好きやったんですよ。で、構成的にもう1個いけるなと思ったから、これええなってやつ“久方の~”を選んで。まあ、これは自分の楽しみでもありますね。

--でも、それが曲の魅力にも繋がってますからね。なるほど。続いて、アルバムの表題曲「最高新記憶」ですが、アルバムのタイトルになるくらいなので、出来上がったとき“やったぞ“みたいな感覚があったんでしょうか?

北畑 僕はありましたよ。

伊藤 一番時間かけたと思いますね。

北畑 そうかな。時間はわからんけど、確かに、できた感はすごいありましたね。

--聴かせてもらって、僕も「この曲すげえな」って思ったんですよ。曲の構成も歌詞も素晴らしかった。歌詞に込められた意思はどんなものでしょうか?

北畑 んー、さっきも言いましたけど、昔のことばっかり言っててもしゃあないし、いろんな失敗や後悔を「あのときな~…」って言いながら過ごすのも意味ないし。だったら、新しいことでおもしろいことがないと、生きとる意味がないから。時間を消費して生きてるなら、今が一番おもしろいなっていうのをどんどん作っていかんと。それが全てに繋がるというか。新しく作っていけば、全部自分に返ってくるやろうし。昔のことを忘れるとかじゃなくて、超えていこうっていう意志を常に抱いておけよっていうことですかね。僕はやっぱりこういうこと考えがちなんですわ。

--なるほど。ありがとうございます。このあと、全曲に対して解説を聞いていこうと思っていたんですが、bachoに一貫したテーマがあるので、解説の結論が同じものに辿り着いちゃうかもしれませんね。

北畑 そうですね、同じことを3曲くらい言えるかも(笑)。

一同 (笑)

北畑 実は、今回のアルバムでは、今までとニュアンスがちょっと違う曲があるんですよ。

--そうなんですね! では、その曲について教えていただけますか?

北畑 今回、曲もいっぱい作ったので、伝えたいことを言い換える今までのパターンとは別の歌詞も作りたかったんです。4曲目の「ショートホープ」と、7曲目の「高砂」がそれですね。

--「高砂」はMVになっている曲ですね。

北畑 はい。その2曲は、自分的にニュアンスが違いますね。全然違うわけじゃないけど、今までとは違う書き方をしてて。いつもは、“この曲はこういう雰囲気”とか決めないで書いていくんですけど、初めの段階から設定を細かめに決めてみたんです。

--それは他のお三方とも話をして?

高永三浦伊藤 いや、全く聞いてないです(笑)。

北畑 自分の中だけで(笑)。いつも自分が主人公ばっかりやったんですけど、「ショートホープ」は違う主人公にしてみたんですよ。別の人の視点を入れてみた。

--「高砂」に関しては?

北畑 「高砂」のメッセージは今までの“俺もやってやるぜ”ってことなんですけど、自分の街の地元感を意識したんです。僕らは、上京したとかじゃなくて、ずっと高砂とか姫路とかに住んでるから、すごく愛着もあるけど、もちろん嫌な部分もある。「こんなところにおったら…」って気持ちになった頃もあったけど、好き。じゃあ、その好きさを証明するために、ここからやってったらええやんという感じです。

--なるほど。それをMVに選んだ理由ってあるんですか?

北畑 単純に、映像と合いそうだと思って。

--ちなみに、撮影は地元で?

北畑 そう、地元です。まさに高砂。そういうおもしろさもあったし、あと、周りの人たちも喜ぶやろうっていうのもあります(笑)。

--なかなかMVとかでスポットが当たるような場所じゃないっていうのもあったんでしょうか?

北畑 うん。いろんな人が「バンド頑張れよ」って言ってくれるし、それに対して「ほら見て」っていう気持ちはありますよ。

--地元への恩返しみたいな。

北畑 恩返しってほど大層なことはできないですよ。自分で自然に曲を作って「これおもしろいやろ」っていう感覚が強いですね。「ここが高砂やで、地元の感じやで」って見せてみたかっただけ。まあ、それも結局は自分の楽しみですね。

--なるほど。アルバム全体としても、コンセプチュアルなテーマがあるというよりは、曲を作ってみて純粋にいいと思ったものを集めて、曲順を決めて…という制作過程でしょうか?

北畑 そうですよ。だから『最高新記憶』なんです。結局タイトルに全部まとめられたなって思ってて。根底にずっと流れてるテーマは、“これからやっていくぜ”ってことなんですけど、最初に出した『求』もそういう感じなんですよ。「ダメやな」とか「満たされへん」、「また後悔して」っていうような内容の曲をずっと書いてきた。書いても書いても満たされへんし、それを幾度となく繰り返して曲を作ってきたんです。でも、言ってみれば、「お前いい加減に満たされんかい」って思う部分もある。「やってくぜ」って言ってるのに、ずっと同じやったら、逆におかしいじゃないですか。

--確かに、言ってることとやってることが矛盾してるんじゃないかって。

北畑 そう、全然進んでなくね? っていう。だから、今までのbachoが第一部やとしたら、今回の『最高新記憶』で第一部完ですね。僕の中では。もちろん、これからガラッと変わるとかではないですよ。気持ちを一区切りにして、ちょっと違うことを思う状況に持っていかんとあかん。いつまで「ダメや」って言ってんの、と。次のアルバムでも「ダメだ」「でもやるぜ」って言ってたら、「いやいや、ええ加減やってくれんと」ってなる。まだやらんのかい!って(笑)。

--(笑)。なるほど。

北畑 満たされる方向にいったときに、どんなことを書くかはわからないですけどね。多分、どんどん満たされたとしても、それは1つの側面だけで、もっと満たされへんこととか、もっと大きな壁とかももちろんあるやろうし、そのときはそのときで、「クソッ」みたいな感じにはなるんでしょうけど。でも、パターン化するのも嫌なんで。歌の内容として、“自分の鬱憤から生み出す頑張ろうって気持ち”みたいなパターンは、みんなが「ああ、これがbacho」って思うようにもなったし、今まででもう十分やってきたんじゃないかなって。だから、このアルバムで集大成。第一部、完。

そしてまだここに。ピーク目指し、最高の新記憶。

--では、ライブについてですが、みなさん各々、ライブは自分の中でどんな位置づけですか? 伊藤さんは?

伊藤 まず僕は、あんまり「自分が!自分が!」って前に出るようなことがないんですよね(笑)。で、邪魔せんように、って若干語弊がありますけど、一番伝えなあかんのは欽ちゃんやから、そこだけは意識して守ってますね。僕の性格的に、「前に前に」ってライブ中はあんまり思わないから、それがリンクしてる。位置づけで言ったらそれくらいかな。

北畑 戦略というか、自分のライブはなんなん? それが楽しいってこと?

伊藤 そうそう、それが楽しいっていうこと。みんなが盛り上がってるのが単純に楽しい。伝わってるな、嬉しいなって、そういう感じです。

--三浦さんはどうでしょう。

三浦 難しいな。位置づけ……。まあ、ライブをやってなかったら今の生活をしてないですからね。ライブやるために生活してるから。カッコよく言ったら、今の自分の存在価値を見出すためにやってるっていうことですかね。

--高永さんはどうですか。

高永 三浦と似てるんですけど、「確認」ですかね。自分自身の確認であり、僕は後ろにいるから3人を「やってるなあ」って気持ちで見るのが楽しいですね。お客さんと見合ってる感じとか、そういう景色って、ドラムにしか見れへんから。確認しながら、楽しく感じてる。

--そして、北畑さんは。

北畑 僕は、ライブは楽しいもの。楽しくないと音楽じゃない。音楽は何でも楽しいけど、その最高峰にあるライブがやっぱり最高なんですよね。ライブで思う「最高!」って気持ちに勝る「最高」は、自分の中で他にはないですね。ライブでしか感じられへん「最高!」っていう気持ちを今まで何回も味わったことあるから、単純にそれを感じたいんです。お客さんがおって、好きな人がおって、みんながおもしろい、僕もおもしろいっていう空間で、どんどんライブが進んでいって。最後にドーーン!ってなったら、それに勝るものってないって思いますよ。それって準備できるものじゃなくて、代わりのきかへんもんやし。

--1回きりだからこそ。

北畑 うん、いろんなパターンが無限にあるでしょうし。新しい曲を書けば、みんなの曲に対する新たな反応もあるし。

--また新しいライブの景色が見えるかもしれないし。

北畑 そうです。自分が書いた曲でいろいろ考えてもらったり、楽しんでもらえるのを見たら、「ああ、やって良かったな」っていう気持ちにもなる。そういう意味も含めて、一番大事なものですね。一番楽しい。

--自分にとっても、bachoにとっても、っていうことですね。

北畑 そうですね。

--音源を出すことは、ライブに来て欲しいからっていう気持ちが一番なんですかね?

北畑 そうです。僕はそうです。

伊藤 メンバーみんなそうだと思いますよ。

北畑 これは自信があるんですけど、曲が好きで、家で聴いてるなら、ライブに来たら100%おもしろいと思う。その好きな曲を目の前で演奏するわけやし、絶対来たほうがおもしろいで!っていうのは断言できる。

--うん。本当にそうですね。

北畑 いろんな楽しみ方があるし、別に絶対来いよっていうわけじゃないですけど、来たら絶対に心から楽しめるっていう自信はあります。

--では、『最高新記憶』をリリースした後は、どんなライブ予定ですか? ツアーとしては、どのくらい回る予定でしょう?

北畑 いやー、日本全国津々浦々。長く、終わらないツアーを。

--おお。2015年は終わらないツアー(笑)。

北畑 いやでも、2015年は、ほんまにずっとツアーしたろかなくらい思ってますよ。2016年までどうやったら完走できるかっていうのも正直わからへんけど、アルバムを録ってちょうど今、2015年の年明けに『最高新記憶』が出せるので、この1年間は、これに費やしたろうっていうメンバー全員の気持ちの一致はあるんで。その間はずっとやり続けます。まあ、どのタイミングで最終日を迎えるかはまだわからないですけど、かなりの本数をやると思います。やれるだけ。

--とにかくやれるだけのツアー。楽しみです。

北畑 そうですね。ツアーが終わったときにどうなっているか…

--また違う世界や景色が見えるんでしょうか。

北畑 ツアーファイナルでどんな気持ちになってるかわからへんけど…

伊藤 感極まって、もうライブせえへんと思います(笑)。わからんけど(笑)。

北畑 でも、ライブで泣いたことないけど、泣きたいね、1回。

--1年間かけたものの集大成として、上がりきって。

北畑 涙流れるくらいやりたいですね。

伊藤 せやな。

--2015年の最後を素敵な涙で締めくくる。それをみんなと一緒に共有できるような1年にできれば。

北畑 うん。ツアーで出会ったお客さんに伝わって、みんなで最後に集まれたら最高ですね。それは泣けるかも。ほんまに泣くかもしれんな(笑)。そんな嬉しいことない。楽しみで仕方がないわ!


>>bacho 1st FULL ALBUM "最高新記憶"特設サイト